難波で医療レーザー脱毛するのに安心安全で安い美容皮膚科発見

私は体毛が濃いのですが、一番最初に生えてきたのはスネ毛でした。
当時小学4年生の私は、親にカミソリや無駄毛処理機なども恥ずかしくて、ねだることができず一人で悩んでました。
親には「私はムダ毛なんて気にしていません」という態度を演じていましたが、親が薦めてくれたら、絶対に何かしらのムダ毛処理をしていたと思います。

初めて買ったムダ毛処理の道具は、「サン宝石」という子供向けの無料雑誌に出ていた「くるくる回してムダ毛処理!」と宣言されていた、細かいヤスリで毛を絡めとり、抜いてゆく方法のムダ毛処理機を、親に「面白そうだからやってみたい!」と言い訳をして買ってもらいました。
その道具は手でくるくる回してムダ毛を抜くものですし、ヤスリなので肌の垢もヤスリの目につまってすぐにムダ毛が絡まなくなって、あまり役にはたちませんでした。

それでも、夜中まで起きてムダ毛処理を頑張っていたのですが、さすがに面倒になり、たまたまお店で見かけたムダ毛処理機をお小遣いで買いました。
さすがにそれがあれば夜中まで起きていることもなく、毛の処理ができたのですが、だんだん面倒になり、私も体毛が生えていても、そこまで気にならなくなってきました。
しかし、成人して、男友達に「この毛むくじゃらのおもちゃ○○(私)みたい」と言われてから、再び気になり出して、その後、永久脱毛したいと親に相談したのですが「レーザー脱毛はガンになる危険性が有る」と言われ、反対されました。

その後、脱毛サロンの無料体験を探しては、親に相談するのですが、全てがレーザーを使う施術なので反対されました。
その内に脱毛サロンに通うのもなかなか面倒だということに気がつき、脱毛サロンも諦めました。
次に「家電の永久脱毛に近い作用がある脱毛機」を買おうと思ったのですが、何より高いですし、効果も試せないので、諦めることになり、今はカミソリでムダ毛を処理しているのですが、だんだんと肌が黒くなっている気がしますし、剃った後のチクチク感が気になります。
最終的に、剃るのは必要最小限の箇所、かつ、なるべく肌を見せる服は着ない様にしています。

ということで色々なところにカウンセリングに行った結果、親に医療脱毛あと許してもらえました。(難波で安全な安い美容皮膚科・美容外科クリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です